« 高円寺の女 | トップページ | 【最近購入したアルバム】Glass Bead Game / Clifford Jordan »

2004.05.03

DRUMLINE

このGWは映画漬けになりそうな予感。
単館系映画で見たいものが満載なのである。
本日は「DRUMLINE」を鑑賞。
大学のマーチング・バンドを舞台にした青春ものだ。

0503_drum_line.jpg

「音楽」「青春もの」のキーワードだけで
どうやっても外すわけがない!と思っていたので鑑賞することに。

音楽特待生としてスカウトされた主人公が
「バンドは一つ、音楽も一つ」の教えのもとで
バンド・バトルの優勝を賭け、究極の妙技を競い合うといった内容。
自分の才能に溺れ、自己中心的な行動を取る主人公が
上級生と衝突したり、和解しながら優勝に突き進む、いかにも青春映画(笑
この映画のメインであるスネア・ドラムの演奏は圧巻。
テクニックと緊張感があまりに強烈で、他のサントラの曲は全然覚えてないくらい(笑
練習風景や演奏本番を見ていても思ったが、
楽譜を全て暗記して演奏し、しかも決められた位置を守りながら
振り付けされた動きをするのってかなり大変なことでしょ……
音楽なのにやたらとマラソン・腕立てやらされてるし。

開演30分前に劇場に着いたけど
混みっぷりは「Lost In Translation」以上だった。
前売りも劇場に行く前に探したが、売り切れでしたし。

|

« 高円寺の女 | トップページ | 【最近購入したアルバム】Glass Bead Game / Clifford Jordan »

コメント

この映画も観ましたよ。スポ根でしたねぇ。
マーチング・バンドをやるのに腕立てや軍隊式のスパルタ訓練は本当に必要なのか疑問に感じましたが。
パフォーマンスの部分ではかなり楽しめましたが。

投稿: Black Pepper | 2004.05.05 23:19

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DRUMLINE:

» Drumline [trasparenza opaca]
Drumline [続きを読む]

受信: 2004.05.05 17:26

« 高円寺の女 | トップページ | 【最近購入したアルバム】Glass Bead Game / Clifford Jordan »