« 板橋文夫セッション(&森山威男) | トップページ | 雑記あれこれ »

2004.05.18

板橋文夫セッション(&森山威男)その2

まだまだ音源の編集は終わらないでいるけど曲目リストをアップ。

0518_ticket_s.jpg

2004.5.16. 横浜桜木町DOLPHY
板橋文夫 (p)、森山威男 (ds)、林栄一 (as)、望月英明 (b)

1st Set
1.ナイロビの夜
2.ポレポレ
3.Over the rainbow
4.Exchange *「Live at Lovery」収録

2nd Set
5.わたらせ *「Live at Lovery」収録
6.リンパーズ
7.For You
8.Sunrise *「Live at Lovery」収録
9.Hash-a-Bye *「Live at Lovery」収録
10.Good-Bye *「Live at Lovery」収録

Live at Loveryに収録の曲はすべて演奏したな。
1st・2ndSetを通してやはりセッションリーダーである板橋文男の曲が多かった。
といってもほとんどの曲は「MANA」「Live at Lovery」あたりに収録されているものがほとんど。

19:20頃から開演。
セッションといえども昔の森山Gのメンバーなので、MCは森山さんがするのかと思いきや、
板橋さんの独断の企画・構成ということで板橋さんのMCで始まる。
板橋さんと森山さんは終始、林さんを挟んで熱いバトル。
板橋文夫といえば相変わらずの椅子に座らないピアノプレイ?で観客を沸かす。
曲間でMCが始まってみたら眼鏡がふっ飛んでるのに気が付き慌てて探してるし(笑
板橋さんが「みんな50過ぎてるんだよなぁ?」ってメンバーに対し言い放ってたけど
そういうのを全然感じさせず、相変わらずパワフルな演奏でしたよ。
ナマで、しかも作曲者本人の演奏する「わたらせ」を聴けるなんて思いもしていなかった。
僕の愛聴盤である「Live at Lovery」の演奏が目の前で展開されているんだもんなぁ。
懐かしいというか、感慨深いというか。
ちなみにアルバムでは林栄一ではなく井上淑彦 (ts)なので、
欲を出せばアルバムとおんなじメンバーでの演奏も聴きたかった。

■参照URL
Fumio Itabashi and Mix Dynamite site

|

« 板橋文夫セッション(&森山威男) | トップページ | 雑記あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21526/612983

この記事へのトラックバック一覧です: 板橋文夫セッション(&森山威男)その2:

« 板橋文夫セッション(&森山威男) | トップページ | 雑記あれこれ »