« 1,000,000人のキャンドルナイト | トップページ | Blue & Sentimental / IKE QUEBEC(1961) »

2004.06.22

【最近購入したアルバム】Lift: Live at the Village Vanguard / Chris Potter

lift.jpg
Lift: Live at the Village Vanguard / Chris Potter
2004 / Sunnyside(輸入盤)
評価:★★★★★

あまりパッとした印象のないテナー奏者、クリス・ポッターだけど、
キャリアはそれなりに長いし、腕も確かなのに、何でこんなに注目されないのか不思議。
もう少し知名度があってもよさそうなものだが。

  • Chris Potter (ts,ss)
  • Kevin Heys (p,elp)
  • Scott Colley (b)
  • Bill Stewart (ds)
  1. 7.5
  2. What You Wish,
  3. Stella by Starlight
  4. Lift
  5. Okinawa
  6. Boogie Stop Shuffle Sax Intro
  7. Boogie Stop Shufle

ニューヨークの有名なジャズ・クラブ「ビレッジ・バンガード」でのライブ盤。
1曲目冒頭からサックス・ソロで始まり、いきなりテンションの高い演奏から始まって驚く。
しかし、この人の演奏スタイルは聴く度に違う気がするけれど、器用貧乏タイプなのかもしれない。
マルチ・リード奏者と呼んでいいほどサックスやクラリネットを持ち替えするし。
ときにはマイケル・ブレッカーの様な理知的な演奏をするかと思えば、このアルバムのようなハードな演奏もこなす。
それはライブ演奏であるからというのも大きな原因だろうけど、とにかく空間を音で埋め尽くすように吹きまくる。
かと思えば#3の有名なスタンダードではしっとりとした演奏もする。#5のタイトル通りの曲もユニーク。
また、バンドの一体感もすごく出ていて押すところは押して、引くところでは引いていて。
このアルバムは今後じっくり聴いていけそうだ。

|

« 1,000,000人のキャンドルナイト | トップページ | Blue & Sentimental / IKE QUEBEC(1961) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【最近購入したアルバム】Lift: Live at the Village Vanguard / Chris Potter:

« 1,000,000人のキャンドルナイト | トップページ | Blue & Sentimental / IKE QUEBEC(1961) »