« Donny Hathaway未発表ライブ音源 | トップページ | 1,000,000人のキャンドルナイト »

2004.06.19

Misterioso / Thelonious Monk(1958)

misterioso.jpg
Misterioso / Thelonious Monk
1958 / Fantasy(輸入盤)

スティーブ・レイシーが亡くなられたのをきっかけに、
セロニアス・モンクを最近聴いています。
中でも一番聴いているのがコレで。

  • Thelonious Monk (p)
  • Johnny Griffin (ts)
  • Ahmed Abdul Malik (b)
  • Roy Haynes (ds)
  1. Nutty
  2. Blues Five Spot
  3. Let's Cool One
  4. In Walked Bud
  5. Just A Gigolo
  6. Misterioso
  7. 'Round Midnight
  8. Evidence

58年にClub Five Spotで演奏されたライブ盤。ソニー・ロリンズ、ジョン・コルトレーン、チャーリー・ラウズなど、セロニアス・モンクはテナーを加えたワン・ホーン・カルテットで活動していることが多い。その中でも一番モンクの音楽性に合っているテナー奏者はジョニー・グリフィンであると私は思っている。ピアニストがリーダーにもかかわらずフロントにトランペットやテナーが加わると、どうしてもそちらの個性がが目立ってしまう。しかし、演奏される個性的な曲の数々、そこに独特の旋律やリズムのピアノが加わると、たちまちモンク色一色になるから不思議なものだ。だから、サイドマンとして他の人がリーダーのアルバムに参加することはほとんどなかった。#1で聴かせてくれるグリフィンの無伴奏ソロなど、我が物顔で次々とフレーズを紡ぎ出す姿は聴いているものを盛り上げ、楽しませてくれるし、何よりもコンボとしてサウンドがまとまっている。

Misterioso
THELONIOUS MONK


おすすめ平均
のんびり聴きたい
それでもNutty

Amazonで詳しく見るB000000YBI

|

« Donny Hathaway未発表ライブ音源 | トップページ | 1,000,000人のキャンドルナイト »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Misterioso / Thelonious Monk(1958):

» 私の薦める初心者のためのジャズCD10枚(3) [United Kingdom of jazz]
セロニアスモンク  ブリリアントコーナーズ ジャズ [続きを読む]

受信: 2004.06.28 20:35

« Donny Hathaway未発表ライブ音源 | トップページ | 1,000,000人のキャンドルナイト »