« Blue Note RVG Edition(2004/6/29) | トップページ | 【最近購入したアルバム】Joao Gilberto / Live In Tokyo »

2004.06.12

Sun Goddess / Ramsey Lewis(1974)

sun_goddess.jpg
Sun Goddess / Ramsey Lewis
1974 / Columbia
評価:★★★★★

フュージョンと呼ばれているようなジャンルの音楽は普段はあまり聴いていないんですけど、
なんていうか食わず嫌いというか。
「フュージョン」ってジャンルがさもあるかのような感じがイヤで。
しかし、このアルバムに出会ったときの衝撃といったらなかったな。
ジャケットといい、インパクトありすぎで(笑

  • Philip Bailey (Conga, Vocals)
  • Maurice White (Drums, Timbales, Vocals, Producer)
  • Richard Evans (Horn Arrangements, String Arrangements)
  • Cleveland Eaton (Bass, Bass Guitar, Upright Bass)
  • Ramsey Lewis(Synthesizer, Guitar, Piano, Arranger, Electric Guitar, Electric Piano, Fender Rhodes, Wurlitzer, String Machine)
  • John Graham (Guitar)
  • Byron Gregory (Guitar)
  • Maurice Jennings (Percussion, Conga, Drums, Tambourine, Tamboura)
  • Charles Stepney (Guitar, Electric Guitar, Fender Rhodes)
  • Verdine White (Bass, Vocals)
  • Dert Recklaw Raheem (Conga, Drums, Vocals)
  • Don Meyrick (Tenor Sax)

  1. Sun Goddess
  2. Living for the City
  3. Love Song
  4. Jungle Strut
  5. Hot Dawgit
  6. Tambura
  7. Gemini Rising

ジャズを聴き始めた頃はピアノよりもエレピやオルガンなどを弾いてくれる人が好きだったのですが、
このアルバムではRhodesにワウかましてたりして素敵です(笑
またこのアルバム、メンバーを見渡せば
そのほとんどがE.W&F(アースウィンド&ファイヤー)のメンバー!
#2の"Living for the city"はStevie Wonderの「Innervision」に
収録されているナンバーとくれば聴くしかない。
EW&Fのモーリス・ホワイトのファルセットが美しいタイトルチューンは超有名曲。
EW&Fもステージで演奏していてライブ盤の「That's the Way of the World: Alive in '75」と
比較して聴くのもいいかもしれない。

alive75.jpg
That's the Way of the World: Alive in '75
75年に行われた"That's The Way Of The World/暗黒への挑戦"アメリカ・ツアーから
モーリス・ホワイト自らが選曲した正規ライヴ盤。
スペシャル・ゲストとしてラムゼイ・ルイスを迎えた "Sun Goddess"など聴き所満載!

Sun Goddess
Ramsey Lewis


おすすめ平均
アースの原点がここに!

Amazonで詳しく見るB00000253J

|

« Blue Note RVG Edition(2004/6/29) | トップページ | 【最近購入したアルバム】Joao Gilberto / Live In Tokyo »

コメント

Sun Goddessが大好きです。

投稿: i Love music Tunes | 2006.01.12 05:26

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sun Goddess / Ramsey Lewis(1974):

« Blue Note RVG Edition(2004/6/29) | トップページ | 【最近購入したアルバム】Joao Gilberto / Live In Tokyo »