« やられた | トップページ | 【定点観測】真鍋かをり、記録更新なるか »

2004.07.16

【最近購入したアルバム】New Beginnings / Joe Bonner(1988)

new_beginnings.jpg
画像クリックで商品購入
New Beginnings / Joe Bonner
1988 / Evidence(輸入盤)
評価:★★★☆☆

70年代の名盤に必ずと言っていいほどその名を残すジョー・ボナー。
マッコイ・タイナーを彷佛とさせるピアノ・スタイルと、
エレピを弾いている時ではまた違った印象がある。
このアルバムは一度CD化されたもののしばらくは入手困難だったボナーの名盤。

  • Joe Bonner (piano, fender rhodes piano)
  • Laurie Antonioli (vocals)
  1. Soft Breezs
  2. Revolution, The
  3. Child Is Born, A
  4. New Beginnings
  5. Primal Scream
  6. Ode To Trane

最近、テレサから発売されていたアルバムがエビデンスから地味に再発されています。
去年再発されたものの中ではコレとか特にあちこちで評判になっていました。

話を戻すと、ウディ・ショウやスティーブ・グロスマン、ビリー・ハーパー、ファラオ・サンダースなどの
アルバムでよく名前を見かけるが、リーダー作を聴くのは今回がはじめて。しかもソロ作品。

ベース、ドラムは入れずにほとんどが彼のピアノ、フェンダーローズのみのシンプルな編成。
もっとガシガシ鍵盤を強く叩くイメージがあったけど、そうでもなかった。
それでもタッチは強いですが。非常に情緒的なピアノを弾く人には変わりありません。
スピリチュアルな女性コーラスが時折入る#1をはじめ美しく深いジャズサウンド。

|

« やられた | トップページ | 【定点観測】真鍋かをり、記録更新なるか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【最近購入したアルバム】New Beginnings / Joe Bonner(1988):

« やられた | トップページ | 【定点観測】真鍋かをり、記録更新なるか »