« 【占い】中国茶占い | トップページ | あなたの事が好きな人が誰か分かる占い »

2004.07.07

今さらながら、このサイトの趣旨について考える

今さらながら、このサイトで紹介しているアルバムを選ぶ際の基準とか、
自分の過去を振り返り、購入基準などを書いてみる。

ジャズを聴くきっかけって人それぞれだと思うんですけど、
例えば僕がアルバムを選ぶ時にはいくつかポイントがあります。

・ジャケットデザインのよさで選ぶ
・ミュージシャンから選ぶ
・編成から選ぶ
 ex.)ピアノ・トリオ、クインテット、ビック・バンド等
・曲から選ぶ

だいたい上記4つがポイントになってます。
もう少しマニアックな選び方をする時もあり、

・レーベルから選ぶ
・録音年代から選ぶ

等も結構よくやります。
これはある程度枚数を聴いていくうちに
その特徴はだんだんとわかっていくと思います。

たいていのアルバム紹介ではジャズ・ミュージシャンを軸に
その代表作を紹介するケースが多いですよね。
それを参考にまず、自分の好きなミュージシャンが見つかる。
そこから今度はその人の参加アルバム(リーダー作/ゲスト参加)を
片っ端から聴いていく。
そうしていくとミュージシャンにもよるが時代ごとに演奏に特徴があったりするのがわかる。
あるいはその時代ごとに共演しているメンバーが変わっていったり。

組み合わせの妙というものがあり、
ベースとドラム、フロント楽器と鍵盤楽器/弦楽器の組み合わせというのは
息の合った人と長く続く場合が案外多い。
一番わかりやすいところではマイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、
ビル・エバンス辺りではなかろうか。
これも聴き慣れればだいたいどんな演奏をしているのか、
想像できるようになる判断材料の一つですね。

何でこんな事を書いたかというと、
ジャズへの入り口が、いろんな人と話していると実にたくさんあるんだなぁと感じたから。
レコ屋でかかっているアルバムを店員に聞いて自分で買っていったり、
他ジャンルの音楽ファンがその周辺からジャズへと導かれるケースとか。
実に型にはまらない聴き方をよく耳にする。
僕自身ももともとはジャズを好きになってから聴きはじめたわけではないので
上記の基準から買うものを選ぶようになったのはずいぶん後になってからの事だ。
最近は音楽をジャンル分けする意味すらないほど、あらゆる音楽が互いに影響し合っている。

だがしかし、世間一般でいわれている「ジャズ」にたいしてのイメージとか、
ジャズとそれ以外の音楽との境界線とか、依然として強く意識されている。

今のところBlogでアルバムを紹介する際には

・僕が最近買ったもの
・以前買ったものの中で初心者でも聴きやすく、いわゆる「ジャズ」っぽさが聴き取れるもの

の2つに分けて紹介しているつもりだ。
後者に他の条件を付け加えるとしたら、

・なるべく名盤紹介に載らないようなもの(とはいっても内容はすばらしいもの)
・比較的最近発売(再発を含む)され、入手しやすいもの

等があげられる。

今後取り上げたいものとしては

・他ジャンルの音楽の影響を強く受け、「ジャズ」っぽさはあまり感じられないかもしれないが真の意味での「ジャズ」を強く感じさせてくれるもの
 
なんかもあったりするけど、紹介するの難しいだろうなぁ、きっと(笑

|

« 【占い】中国茶占い | トップページ | あなたの事が好きな人が誰か分かる占い »

コメント

Jazzの入り口云々って、ほんと人それぞれで話を聞くのも面白いですよね。
こういう風にサイトの趣旨を説明するのって、親切ですね。
どんどんJazzっていう音楽の面白さ、素晴らしさを伝えていってください。
若干リタイヤ中のnoppoでした。
#yutaさんは、Smooth Jazz,Contemporary Jazz近辺あまり聴かないんですか?

投稿: noppo | 2004.07.07 02:10

何となくのんべんだらりとエントリーしてきて、自分的にも選定基準でも設けようかと。
こんなに長文のエントリーははじめてかもです。
僕が今まで話を聞いてきた中でもいろいろあり過ぎて面白いですよ、きっかけについては。
もともと音楽が好きな人にとっては入り口は実に多様で。
他ジャンルから、映画のサントラから、文学から、楽器をやっていたから、ん〜あとなんだっけ。
最近ではSNS方面の人たちからいろいろ教えてほしいと聞かれる事も多いので、
もう少しこのBlogもやさしい方向にもっていこうかと。

コンテンポラリー、スムースって、アメリカでの呼び方ですよね?
基本的に新作はチェックしている方だと思いますよ。
最新型というか、現在進行形というか、そういうものの方が興味湧きます。
ただ、フュージョンがちょっと弱いんですよね。あまり聴いていなくて。

投稿: yuta | 2004.07.07 02:56

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今さらながら、このサイトの趣旨について考える:

« 【占い】中国茶占い | トップページ | あなたの事が好きな人が誰か分かる占い »