« 国内盤Bluenote 2004年12/8発売分 その2 | トップページ | 国内盤Bluenote 2004年12/8発売分 その4 »

2004.12.06

国内盤Bluenote 2004年12/8発売分 その3

tocj_6461.jpgtocj_6462.jpgtocj_6463.jpgtocj_6464.jpgtocj_6465.jpg
画像クリックで商品購入

【東芝EMI】ブルーノート決定盤1500 12/8発売分

12/8に久々のリリースとなります、ブルーノート決定盤1500。
4回にわけて紹介してみようと思ったが、こうやって見渡すと
案外聴いたことのないアルバムが多い。
さすが、Bluenote。奥が深い。

写真左から右に向かって順に
TOCJ-6461ゴールデン・サークルのオーネット・コールマンVol.1
TOCJ-6462ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップVol.2
TOCJ-6463 ジミー・スミス「ハウス・パーティ
TOCJ-6464ソニー・ロリンズVol.1
TOCJ-6465 ドナルド・バード「オフ・トゥ・ザ・レイシスス

この中で聴いたことがあるのは6461、6463と6464。

6461はフリー・ジャズといえばこの人。オーネット・コールマン (as)。
ジャケット・デザインが秀逸で思わず手に取って聴いたのが
まだジャズを聴きはじめた頃の話。
「永遠不滅の最高傑作!」なんて書いてあったりするのが拍車をかけ
その当時、期待大に聴いてみたが…… やはり初心者には難しかった。
今なら改めて聴いてみたいが、あの時と違った印象で聴けるだろうか。

6462は既に発売されている6439の第2弾。
ドイツの女性ピアニストが残したリーダー・アルバムはこの2枚のみ。
#1,7,8のスタンダードを聴いてみたい。

ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol.1
ユタ・ヒップ レナード・フェザー エド・シグペン ピーター・インド

by G-Tools

6463はBluenoteの代名詞、ジミー・スミス (org)。
なんと1500番台だけでも13枚ものアルバムがあるなんて!
オルガン・トリオ(org+g+dr)にフロント3名が加わった豪華なセッション・パーティー。
通好みのテナー奏者、ティナ・ブルックスの参加に注目。

6464はvol.2である6441の存在が大きすぎて少々霞み気味?

ソニー・ロリンズ(2)
ソニー・ロリンズ J.J.ジョンソン セロニアス・モンク ホレス・シルヴァー ポール・チェンバース アート・ブレイキー

by G-Tools

6465はドナルド・バード (tp)の遅すぎる?初リーダー作。
ペッパー・アダムス (bs)を加えた3管編成のセクステット。

|

« 国内盤Bluenote 2004年12/8発売分 その2 | トップページ | 国内盤Bluenote 2004年12/8発売分 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21526/2102652

この記事へのトラックバック一覧です: 国内盤Bluenote 2004年12/8発売分 その3:

« 国内盤Bluenote 2004年12/8発売分 その2 | トップページ | 国内盤Bluenote 2004年12/8発売分 その4 »